Sciformaユーザー事例:富士通ネットワークコミュニケーションズ

Logo Fujitsu

まず担当されているお仕事の内容と管理されているプロジェクトの種類を教えていただけますか?


私の肩書はプロセス・マネージャで、ツールを使ってプロセスを展開するのが仕事です。プロジェクト・マネージャがプロセスに従って作業しているか、改善の必要はないかを確認します。私はSciformaを使って作業しています。


Sciformaの実装方法(プロセス、メソッド、トレーニング、アシスタンス、普及など)についてお聞かせ下さい


私がこの部署に来た時点で、Sciforma導入から数ヶ月が立っていました。私は、リソース管理の展開から手がけ、まずは、私自身がSciformaを使ってリソース管理を理解することから始めました。


Sciformaの利点と導入結果についてはいかがですか?


リソース管理に関しては、プロジェクト・マネージャがプロジェクトへのリソース割り当てを得られたことが利点です。今では確立したプロセスを備えたツールがあり、電話での交渉を繰り返した後、間際になってやっとリソースの割り当てを確保するようなことはなくなりました。リソース管理のツールとしては、チームも部門もかなりの恩恵を受けています。


管理できる製品が増えたとか、期間、予算などの改善など、Sciformaを使った結果を量的に表すことはできますか?


Sciformaを使うことで、プロジェクト・マネージャはすべてのプロジェクトをサイフォーマで管理できるようになりました。Excelのような他のツールを使う必要がなくなりました。タスクの管理ができるようになったのも良いことです。欠点としては、日付の処理に関して不可解な動きをすることがある点ですが、全体としてはプロジェクト管理に非常に役立っています。


改善された点は?

プロジェクトの実行と財務を同じ1つのツールで管理できることです。


今後、ユーザー数や機能を追加する予定はありますか?

ユーザー数は増加中です。改善も行う予定です。