より良いリソース管理を目指して:プロジェクトサイクルタイムの改善戦略

プロジェクトサイクルタイムを改善することの重要性

プロセスの修復やソリューションの話をする前に、なぜプロジェクトサイクルタイムを改善することが重要なのか考えてみましょう。プロジェクトは組織に変化をもたらします。プロジェクトで構成されるプログラムなしには、戦略的な取り組みも新サービスの導入も新製品の発売も実行することはできません。プロジェクトサイクルタイムが10%減少するだけで、企業のコスト、回避目標、タイム・トゥ・マーケットによる収益は大きな影響を受けます。つまり、パイプラインのすべてのプロジェクトの開始と終了が早まるので、利益も早く、複合的に達成されるのです。

チャレンジ

統計によると、プロジェクト手法を持たない企業では79%のプロジェクトが予定通りに完了せず、プロジェクト手法を持っている企業でも71%のプロジェクトがスケジュール通りに実行されていません。何故でしょう?

原因は多数あります。以前は成熟度レベルとプロセス/ツールのミスマッチだとも言われていましたが、いまだに多くの企業にとっては解決すべき問題となっています。また、最近では絶え間ない変化を管理するというチャレンジも加わっています。

これには、事業戦略、優先順位、予算、マーケットや競合の状況、自社の人材などの変化も含まれます。これらの分野の変化のスピードは加速しており、そのどれもがプロジェクトの成功とサイクルタイムに影響を与えます。

プロジェクトサイクルタイム改善の鍵となる戦略

プロジェクトサイクルタイム改善の対策は、コラボレーションの改善やワークフローの自動化など、多数ありますが、まずとりかかるべきなのはリソース管理です。戦略的な観点からは、適切なスキルを持った適切なリソースを最も価値の高いプロジェクトに使えずに、また最大限に働いてもらうことができなければ、すべてのコラボレーションや自動化による改善があっても、その影響は少ないということです。

絶え間ない変化に対応できるプロジェクトワークフォースの機敏性を得るためにリソースを開発、管理することが戦略的に重要となります。リソースを現在成功できる場所に配置するだけでなく、将来の成功のために長期的に開発、展開することが必要です。

手始めに

プロジェクトサイクルタイム改善のためのリソース管理改善は、何から手掛ければよいのでしょうか?それは、リソース管理の成熟度レベルによりますが、Sciformaでは基本的なリソースの見える化レベル(誰か、どこにいるか、何に優れているか、今何をしているか)を上げることからスタートすることを薦めています。リソース管理の利点の80%は、基本的なリソースの見える化によって達成できると言われています。これは、すぐに得られる成果です。

Valerie Zeller

ValerieはSciformaの最高マーケティング責任者で、PPMソリューションがビジネスゴールの達成にどのように役立っているかをリサーチし、その情報を共有したいと願っています。
関心事:デジタルトランスフォーメーション、チェンジマネジメント、ストラテジーエグゼキューション
コメントは@valeriezellerへ