分野:ライフサイエンス
創立:2007年
所在地:バンクーバー(本社)


戦略パートナー
- 50の提携大学および研究機関
- カナダの健康関連企業26社
- 世界規模の製薬会社6社
- トランスレーショナルリサーチセンター8社
- 患者中心の財団法人3社

CDRDのPPMプロフィール
プロジェクトチーム:NPD/R&D (3つのプライマリーポートフォリオ)
PPMリソース:20名弱のPM(プロジェクトチャンピオン)、90~100名のプロジェクトチームメンバー、3名のPMOスタッフメンバー、平均で50弱のアクティブプロジェクト

CDRDはカナダのライフサイエンスベンチャーで、多くの企業を設立、成長させることでカナダのライフサイエンス産業を活気づけています。パートナーと連携し、将来有能な発見を見つけ出し、検証し、推進するための専門知識とインフラを提供し、それを民間企業にとって商業的に実行可能な投資機会に換え、最終的に新しい治療法に結び付けています。

企業の取り組みの概要

"リソースは戦略優先度にしたがって使われているか、という疑問に答えられなかったことに衝撃を受けました。情報ギャップがあり、そのギャップを埋めることが絶対に必要でした。"

- Doug Erfle, Director of Project and Portfolio Management

Sciformaの導入前は、デスクトップツール(Excel、PowerPoint、MS Projectなど)を組み合わせてR&Dプロジェクトの進捗を管理し、チームのコミュニケーションやワークフローにはメールを使い、共有ドライブでデータを共有していました。

結果としてPPMプロセスは自動化されておらず、分断されたものでした。また、戦略的な目標や計画に対するリソースの配置状況をリアルタイムで可視化することもできていませんでした。情報はあるのに、それを利用したり、統合することができず、ポートフォリオレベルでの意思決定のプロセスには非常に時間がかかり、効率も良くありませんでした。

プロジェクトの実行レベルでは、プロセスが自動化されていないことが、プロジェクトのサイクルタイムとタイム・トゥ・マーケット(実行可能なビジネスケースと投資機会を外部パートナーにを準備するために必要な時間)に影響を与えていました。これはビジネスの重要な成功要因です。

Case Study Image 1

ビジネスの推進要因と要件

意思決定の質の改善
- 戦略ポートフォリオごとのリソース配置の可視化
- リアルタイムのポートフォリオステータスレポーティング

PPMプロセスのスピードと効率の改善によるサイクルタイムの最適化
- 一元化されたデータとドキュメントのクラウドリポジトリ(“唯一の真実”)
- プロジェクトのアーティファクト(戦略、リソース、スケジュール、タイムシート、プロジェクトデータなど)の自動化と単一システムへの統合

企業PPMシステムプロセスの規律と可視化を強化
- 首尾一貫した、繰り返しが可能なワークフローとルール(アクティブなプロジェクトの請求時間)
- 多数のユニークな計画と管理プロセス、流動的なプロジェクトとリソース管理に適応可能なシステムの設定と柔軟性

Sciformaソリューション

Case Study Image 2

ソフトウェアの必須機能:リソース管理、プロジェクトスケジューリング/プランニング、PPMレポーティング/ダッシュボード、コラボレーション/ワークマネジメント、プログラム/ポートフォリオ管理

テクニカルな選択:クラウドデータセンター - 法令によりカナダにあることが必要、CDRDのITリソースの制限からSciformaによるクラウド管理、メンテナンス/自動アップグレードも必要

サービス:インプリメンテーション、インテグレーション、管理者とエンドユーザーのトレーニング

予測された利点/実現された利点と次のステップ

戦略的意思決定

開発プロジェクトの成果を見るにはまだ早いが、CDRDでは戦略的な意思決定の改善、マッピングのしやすさ、ポートフォリオ戦略にしたがったリソース配置の可視化といった主要なビジネス推進要因に見合った利点をすでに感じている。

PPMプロセスの効率とスピード

CDRDは、プロジェクトとポートフォリオの情報が簡単に探し出せるようになり、データの可視化も進んだので、プロジェクトのサイクルタイムも改善されるだろうと言っています。プロセスの効率改善のもう1つの利点は、レポーティング、(MS Projectより数段使いやすい)プロジェクトのスケジューリング、(リソース管理ダッシュボードに提供される統計データをパワーアップした)進捗管理が楽になったことです。

次のステップ

Sciforma導入の次のステップは、リソース検証とタイムシート適用に関するプロジェクトマネージャのトレーニングです。エグゼクティブメンバーを含む残りのすべてのチームメンバーへのロールアウトがそれに続きます。