グローバルネットワーキング - Mr. Ken Rheaume, Director of Program Management(プログラム管理部長)へのインタビュー

NETGEAR社について

NETGEAR(ナスダック:NTGR)は、ワールドワイドで最先端のテクノロジーを搭載した良質のネットワーク製品、中小企業やホームユーザ特有のニーズに応えるネットワーク製品を設計、開発、販売する企業です。ユーザが求める、使いやすさ、品質、信頼性、パフォーマンス、手ごろな価格という条件を満たす製品を提供しています。
展開する製品は、ビジネス向け製品、コンシューマ向け製品、サービスプロバイダ向け製品の3つのカテゴリに分かれています。ビジネス向け製品としては、中小規模ネットワークの構築に最適なスイッチ、ネットワークストレージ(NAS)、セキュリティ製品などがあります。また、コンシューマ向け製品では、トータルホームネットワークソリューションを提供するワイヤレス製品、ホームメディアサーバ、デジタルメディア製品を提供しています。さらにソリューションプロバイダ向けのゲートウェイ製品といった多彩なラインナップをそろえており、企業やユーザのニーズやネットワークの規模に合わせた柔軟な対応が可能です。

Case Study Image 1

PPMツールに何を期待していましたか?

ポートフォリオの内容を、使いやすくて柔軟性があり、弊社のニーズに合わせてカスタマイズできるプログラムにまとめたいと思っていました。また、スケジューリングもできるツールが必要でしたが、Sciformaはその機能も提供していました。

PPMツールでどんな問題を解決しようと考えていましたか?

最大の目的は、複数のシステムにある情報をアクセスしやすく、すぐに利用できる場所にまとめることでした。つまり、最新の情報を容易に利用可能にするということです。

どんな人達が最もSciformaの恩恵を受けていますか?

わが社では、毎週金曜日にさまざまなシステムからデータを連結し、シニアマネジメント向けのレポートを作成していました。プロジェクトの進捗管理にはExcelを使い、MS Wordでレポートを作成し、MS Projectで工程の作成と進捗の追跡を行っていました。いろいろなプログラムを使って手動でデータの更新とコピーを行うことがエラーの原因となっていました。さらに製品ラインマネージャから、レポートにデータを入力するように依頼されることもありました。Sciformaが導入されてから、すべてのデータは1か所に保管され、Netgearの世界中のマネージャがどこからでも簡単にアクセスできるようになりました。経営層向けのレポート生成も非常に簡単で、各種レポートの作成に繰り返しデータをコピー&ペーストする必要もなくなりました。

Sciformaを選んだ理由は?

PPMツールの選定にあたり、使いやすさ、レポート機能、工程計画、スケジュール処理、拡張性、生産リリースアプリケーションとの統合、ツールを提供する会社の質など、一連の選定基準をリストアップしました。これを基にベンダー3社を注意深く評価し、我々の基準を最も満たしていたSciformaを選びました。

Case Study Image 2

どのような人にSciformaを推薦しますか?

規模に関わらずプロジェクトを管理するすべての人達、特に組織を横断するチームを運用するプログラムマネージャにSciformaをお薦めします。

Sciformaでどんな問題を解決できましたか?

プロジェクト追跡ツールとしてのSciformaは、一貫性、自動化、効率を提供してくれます。わが社のプロセスに合わせた構造なので、インテグレーションとコラボレーションに優れています。さらに標準化、コントロール、モニタリングを提供してくれます。

Sciformaは、チームのコラボレーションに役立っていますか?

コラボレーションツールは、とても役立っています。それぞれのメンバーが担当する各パートの責任者となるようワークフローを構築しましたが、プログラムによる高度な見える化のおかげで、プロジェクトのステータスと進捗がすぐにわかるようになりました。これはシニアマネジメントにとっても、予算追跡、リスク管理、意思決定に非常に役立っています。

Sciformaは、効率と競争力をアップし、より革新的となる手助けとなっていますか?

Sciformaでプロジェクトを合理化することで、Netgearの製品マネージャは時間を大幅に節約し、フラストレーションを溜めずに過ごしています。我が社の企業規模ではプロジェクトポートフォリオも大規模なものになりますが、1か所にまとめられたプロジェクトステータスにすぐにアクセスできることで、人間によるエラーがなくなりました。一目でわかるステータス、ToDoリスト、デッドライン、レポートなど、Sciformaは国際事業の管理と追跡の非常に重要なファクターとなる機能を提供してくれています。

 

Case Study Image 3