NXP® :PPMの一元化で製品開発と製造を活性化
ダウンロード
企業概要

NXP® Semiconductorsは、よりスマートな世界を実現するセキュア・コネクショ ンとセキュア・インフラを可能にし、人々の生活をより便利に、より良く、 より安全にするソリューションを推進しています。組み込みアプリケーション向けのセキュアなコネクティビティ・ソリューションで世界をリードするNXP は、セキュアなコネクテッド・ビークル、エンド・ツー・エンドのセキュリティ/プライバシー、スマートなコネクテッド・ソリューションの市場における技術革新をけん引しています。

場所
分野
フル機能のPPMスイート

"プラットフォームの変更は、プロジェクト・トラッキング・システムのサイロからプロジェクト、リソース、ポートフォリオ・マネジメントをすべてカバーするフル機能の統合スイートへの移行の唯一の機会と考えていました。"

David Waterston
R&D NPIソリューションマネージャ
イニシアチブの概要

N X P 社のP P M 近代化は、2 0 1 4 年に合併直前のF r e e s c a l e Semiconductor社で始まりました。当時はプロジェクトタスクの処理に、Primavera、Microsoft Project、Project Enterprise、Enovia Projects、SPaRC/Dassaultなど、さまざまな部署で異なるツールが使われていました。Oracle社のPrimaveraシステムが時代遅れになり、既存のツールに代わり、新しい一元化された中央記録システムとして使えるプラットフォームの調査が急務となりました。

採用するツールは、様々なユーザーの成熟度に対応し、統合されたプロジェクトのスケジューリングとトラッキング、リソース管理、ポートフォリオ分析という、さまざまな事業分野のニーズを満足させる必要がありました。経営陣と企業PMOレベルでは、技術開発、製造ライフサイクルの依存と支出の情報を部門横断で可視化することが必要とされました。このツール評価の段階で、Freescale Semiconductor社はSciformaを発見しました。

2015年のFreescale Semiconductor社とNXP社の合併により、両企業部門の事業分野とプロセスの統合を促進する唯一のソリューションの必要性はさらに大きくなりました。Sciformaのコラボレーション機能による事業間のコネクト能力とプロジェクト/プロダクトのロードマップの見える化が、競合他社にはない大きな特長として捉えられました。
 

ビジネスドライバーと要件
R&Dコストの可視化
  • ボタン一つで財務レポートを生成し、ポートフォリオレビューの準備ができること
  • 繰り返しスピーディに予算/コスト分析、リソースのスケジューリング、キャパシティプランニングができること
技術開発と製品開発の相互リンク
  • 製品横断のポートフォリオ分析とトップダウンのロードマップの可視化(スタンドアロンあるいはデータサイロ型のプロジェクト・プランニング・ツールでは不可能)
  • プロジェクト同士をコネクトし、より相乗効果の高いテクノロジー開発、製造と製品ライフサイクルの管理を容易にすること
多様な事業と労働力に対応できるツールの柔軟性 
  • 各部門のニーズと成熟レベルに答えるために構成変更とカスタマイズができる一連の強靭なPPM機能
  • 一元化されたプランニング機能のある連合されたPMOモデルと10の異なる事業分野をサポートできること
統合された企業向けソリューション
  • プロジェクトビジネスケース、プロジェクトライフサイクルの管理(ゲート、チェックリスト、成果物、作業項目、スケジュール、ステータスレポート)、リソース計画を標準化できる一元化されたアプリケーション
  • ビジネス条件をベースにした人員配置計画のためのプロジェクトポートフォリオのレビュー/調整と最小の努力で最新の情報をレポートできる能力

すべてのプロジェクトデータを1つのPPMシステムに一元化

プロジェクトは企業戦略そのもの

ばらばらのツールを使っていれば、データは活用できず、素早い意思決定も困難。すぐに解決しましょう。

Sciformaソリューション
ソフトウェアの重要機能
  • アイデア&デマンド管理
  • ソース&キャパシティプランニング
  • プロジェクト計画と管理
  • プログラム&ポートフォリオ管理
  • プロジェクトチーム管理
  • プロジェクトワークとコラボレーション管理
技術選択
  • クラウド:最小カスタマイズ、アップグレードが簡単、常に最新
  • インテグレーション:HRリソースとレポート用構造データベース(以前はPPMリソースデータを手動で記録)
  • プロジェクトのコスト計算と予算配置の財務/ERPシステム
  • スケーラビリティとパフォーマンス:ユーザーが満足できるネットワークレスポンス、グローバルパフォーマンスと可用性が重要
サービス
  • システム管理者のトレーニング
  • インプリメンテーションとインテグレーション
4つの記録システムから企業全体で1つのクラウドシステムに移行したことで得られた利点

 " より早いレポート、より質の高い意思決定、財務管理の改善、リソース計画の改善、エンドツーエンドの標準化されたプロジェクト・ポートフォリオ・マネジメントが実現されました。"

David Waterston
R&D NPIソリューションマネージャ
期待された利点と実現された利点および次のステップ
より早いレポート、より質の高い意思決定

データの収集、集計、連結に10週間もかかっていたのが、今では20分で終了。余った時間を分析と意思決定に使用できるようになりました。さらに、一元化されたデータと分析ツールを活用することで、キャパシティプランニングやポートフォリオアナリティックといった分野の質と信頼性が上がりました。

財務管理の改善

プロジェクトのタイムシートから実際のリソース利用状況を把握し、その情報を財務システムに提供して、税額控除、助成金、IFRS(国際会計基準)による資産計上に利用しています。

リソース計画の改善

ポートフォリオ単位でのリソースのニーズが見える化され、プロジェクトのニーズとリソースのプロジェクト配置のギャップも簡単に把握でき、それをレポートに反映できるようになりました。HRシステムとの連携により、リソース情報の記録が確実に同期され、オンボードとオフボードのリソースの調整が大幅に改善されました。