Vétoquinolはプロジェクト管理の組織化に、ポートフォリオ全体の分かりやすい統合的なヴィジョンを提供してくれるSciformaを採用しました。

Vétoquinolについて

Vétoquinolは、動物衛生研究所として世界第10位の規模を持つ、従業員2000人程度の企業です。ヨーロッパ、アメリカ、東アジアで獣医用医薬品と非医薬品の研究開発および製造販売を手掛けています。1933年の創立以来、Vétoquinolはイノベーションと地理的多様性を組み合わせてきました。製品ポートフォリオの強化と可能性の高い地域での企業買収により、ハイブリッドな成長を遂げています。

Case Study Image 1

堅実な成長によりプロジェクト管理要件が増大

2013年の純利益は+4.5%と安定した成長を続けています。2013年の売り上げの83%は国外事業によるもので、組織的成長と外部成長を組み合わせた「ハイブリッドな黒字成長」という野心的な戦略を通して発展してきました。研究開発(2013年の研究開発費は、売り上げの6.7%に相当する2千万ユーロ)、マーケティング、製造設備にも力を入れています。これらの投資の売り上げに対する貢献度は4%アップし、2013年には44%に達しました。

そこで情報システム部門(ISD)は、研究、ビジネスアプリケーション、サポート、オペレーションのISDのサービス間での情報交換を容易にするため、スタッフ全員が使えるプロジェクト管理ソリューションを探すことにしました。綿密な市場調査の結果、リサーチからメンテナンス、開発、計画までITプロジェクトのすべてを管理できるSciformaが選択されました。

その結果、成長率も加速し、プロジェクト数はこの10年で何倍にも増えました。そこで製品開発にプロジェクトモードを導入し、コンサルティング会社のManageosのアシストを受けることにしました。ツールに関して、Vétoquinolでは当初MS Projectを使用していました。

「10年前には、MS Projectがプロジェクト管理の基本的な機能を提供してくれましたが、プロジェクトの数が増えるにつれ、MS Project は私達の要求に適応しなくなっていきました。例えば、ポートフォリオ全体の分かりやすいヴィジョンを得るために複数のプロジェクトを統合することができませんでした。」と、Vétoquinolの製品・プロジェクトコーディネーターのElodie Marcさんは説明する。「プロジェクトのライフサイクルすべてをフォローできると同時に社内の各部門に向けた幅広いレポートを開発できる専用ツールを探し始めました。そして綿密な市場調査の結果、Sciformaを選択しました。」

Sciforma – 自立したユーザーのためのソリューション

Case Study Image 2

SVétoquinolの選択に影響した要因は多数あります。「ソリューションは当社のビジネスサイズに完全に適応していました。また、設定オプションやソフトウェアの供給元が提供してくれたガイダンスによってユーザーの自立性が促されることも、私達の戦略に完全に一致していました。結局、市場の大多数のツールよりも大幅に使いやすいものでした。これに関し、使いやすさと扱いやすさのおかげで、集中トレーニングなしに自立性のあるユーザーを育てることができました。」とElodie Marcさん。「同時に、Sciformaはマルチプロジェクトを簡単に統合でき、無制限のレポート機能も私達には好都合でした。」

今日では、Vétoquinolはライフサイクルが最短でも4年、大多数が6年から7年、中には10年にも及ぶ多くのプロジェクトを実行しています。医薬品の開発は、法規制(研究、治験、登録手続など)を準拠する必要があるため、長期間にわたります。その後、プロジェクトは製品マネージャに手渡され、営業とマーケティングについては別のツールで管理されることになります。

フィルターを使ってデータ(前プロジェクト、現行プロジェクト、終了プロジェクト)をグループ化できることに加え、企業の様々なニーズを満たす数多くのレポートを出力することができます。「私達の管理用には、プロジェクトの詳しい進捗とマイルストン、主要期日を示す従来のプロジェクトレポートを用意しました。特に年間を通じてのリソース利用の概要を示すマルチプロジェクトレポートでも、同じ指標を分析します。」と、Elodie Marcさんは説明します。「さらにプロジェクトごと、アクティビティごとのコストを予実対比しながらフォローすることができます。その他のレポートでは、経費を統合し、各リソースの時間の詳細を管理します。管理部門、事業部門、製品開発部門のすべてが、プロジェクトマネージャやPMOと同様に詳細なレポートを享受しています。

わが社の4人のプロジェクトマネージャと2つのPMOは、プロジェクトとそれに必要なリソースの立案にSciformaを使っています。およそ150人のスタッフがツールに直接タイムシート入力をしています。こうして生成されたデータを直接利用するのは40人ほどですが、レポートを受け取る人は多数に上ります。「PMOでは、私だけがレポートを作成する許可を得ています。同時に、管理機能、データベース設定、プロジェクト統合、開発経費の監視と取得した情報を基にしたプロジェクト管理の良好な実践の監視の責任者でもあります。」とElodie Marcさん。

要求に応じて拡張可能な完璧なプロジェクト管理

Sciformaを使用する最大の利点は、ツールの優れた柔軟性にあります。「やりたいことがすべてできるSciformaは、高い価値があります。ツールを使って、リソース利用とプロジェクト進捗を監視しながら複数のプロジェクトを統合管理できるだけでなく、それぞれのプロジェクトのコスト追跡までが可能です。レポートやプロジェクト連結が要求されても、すぐに対応できます。『できません』と答えたことがありません。ツールによって創造性が制限されてしまうことは無いという意味で、この機能性は私達には不可欠です。」と、Elodie Marcさんは説明する。

Vétoquinolでは、10年以上にわたり同じSciformaコンサルタントの支援を受けていることも評価している。「彼女は、私たちの事業の特殊性とSciformaの以前のバージョンをよく理解しています。質問に対するアドバイスはいつも効果的だし、必要に応じて積極的にアドバイスもしてくれます。ニーズに合ったソリューション、質の高いサポート、将来の拡張性にも優れていることがSciformaを使い続ける理由です。」とElodie Marcさんは結論付ける。「要するに、自立性があり、簡単に設定できて使いやすく、マルチプロジェクトをすぐに統合できることがSciformaを使う上でのキーとなる3つの機能です。ツールの柔軟性によって、すべての開発方法を考慮することができ、パブリッシャーのガイダンスで新しいアイデアを素早く達成することができています。」

Case Study Image 3