プロジェクトのワークマネジメントとコラボレーション

ビジネスドライバー

従業員の変化

新世代の従業員は、定常作業がデジタル化されていること、特にコラボレーションに関しては現代的なツールを使うことを望んでいます。

small-img
納入サイクルの短縮

顧客のニーズはすぐに変化し、プロジェクトとプログラムのサイクルタイムが長引くことは許されなくなっています。プロジェクトを素早く処理していくには、協同で作業を進めるための手法が必要です。

small-img
企業としての学習

常に学習し、適応できる企業であることは、競争には必須です。企業としての学習をサポートするツールは必要不可欠なものとなっています。

small-img
Sciformaのコネクション

コネクションは、企業内の集合的なデータ、知識、経験を活かし、論理的で一貫した決定をもたらします。

ワークフローの合理化と自動化。 コラボレーションの改善

プロジェクトチーム内の連携を密にすることが重要であるのは自明の理です。従業員の満足度が上がり、それによってプロジェクトの成功率も改善され、さらに業績も上昇します。

Sciformaは、地域や役割の異なるグループが共通して利用できる画期的な連携ワークスペース機能を提供しています。注記、メール、通知などの統合ツールに加え、Sciformaコネクション.がプロジェクト、ポートフォリオ、ユーザーと作業項目を多対多のリレーションで関連付けるためのユニークなソリューションを提供します。

この連携構造により、プロジェクト、ポートフォリオ、チーム間での関連情報の共有と連絡が自動化され、学習することが慣行化され、ベスト・プラクティスが繰り返されます。

また、関連するビジネスケース、リスク、ドキュメント、プロジェクト間を支障なくナビゲートしたり、より情報に基づいた意思決定を支援することができます。同時に、分散した連携チームの集団知識と経験を意思決定に活用することができます。

 
Sciformaのプロジェクト作業とコラボレーション管理機能を使って、一か所の作業で、最大の成功を
画期的な連携ワークスペースでチームを一つに

Sciformaは、チームの作業を一元化し、いつでも、どこでも効率よくコミュニケーションを取ることができます

  • 作業項目(アクション、変更要求、成果物、課題、リスク、教訓、ドキュメント、添付)を起案者と受任者のそれぞれの視点から管理します。
  • ポートフォリオ、プロジェクト、ワークパッケージレベルでドキュメントを添付し、アクセスすることができます。
  • プロジェクトのステークホルダーとのシンプルなコンテキストjコミュニケーションをサポートします。
  • (課題やリスクといった他の要素から発生する)ToDoリストやステップを管理します。
プロジェクトの進捗を見える化し、実際の結果を確認

Sciformaがあれば、いつでもチームの作業をフォローし、それっぞれのプロジェクトのステータスを把握することができます。

  • プロジェクトマネージャ、製品マネージャ、プログラムマネージャに、関連するユーザー、チーム、プロジェクトデータなどの状況を見える化します。
  • 問題、イベント、バグ、改良、機能要求などを追跡し、解決します。
  • 親オブジェクトの当初のスコープあるいは現在のスコープに対する主要な変更を処理します。
  • タスクおよびプロジェクトの完了を追跡し、管理します。
  • プロジェクトの納入日、予算、スコープに影響を与えるリスクを識別し、処理します。リスクシナリオのインパクトをシミュレートします。
  • 課題、アクション、成果物、リスクとそれらのコネクションを見える化し、ビジネスケース、プロジェクト、製品、プログラム、ポートフォリオとのコネクションを自由に追加、変更できる機能を提供します。
  • プロジェクト作業項目のロールアップビューによってポートフォリオのステータスを監視します。
 
過去の経験から学び、企業の教訓データベースを作成

Sciformaで、過去のプロジェクトの必須情報を一元化

  • 成功経験、失敗経験といった情報と企業学習を記録し、今後のために活かします。

連携ツールには、高い価値があります。プログラムによる高度な見える化のおかげで、プロジェクトのステータスと進捗がすぐにわかるようになりました。これはシニアマネジメントにとっても、予算追跡、リスク管理、意思決定に非常に役立っています。

full-width center

プロジェクトおよびデマンド・マネジメントソリューション概要

ロバスト
スケーラブル
簡単に実装
使いやすい

早期の投資回収(ROI) - SCIFORMAソフトウェア

パワフルなツールでデータを一元化