協調的思考のパワーを活用

すべての人にパワーを与える

俊敏性のために設計され、ニーズに合わせて構成される柔軟なプラットフォーム

直感的で効率的、ユーザーフレンドリーなソリューションをベースに、クラス最高のユーザーエクスペリエンスとビジュアルマネジメントを提供します。

サイロを壊す

必要なコンテキスト情報をまとめたデジタルインベントリーでコラボレーションを実現

すべての関係者が、自分に割り当てられたタスクに簡単に取り組み、必要な意思決定をより明確に把握し、他の関係者と効率よく協力しながら、問題をリアルタイムでエスカレーションすることができます。.

X線ビューを獲得

ポートフォリオ、プロジェクト、チームごとに何が起きているのかを把握

異なる役割、チーム、部門がすべて同じ、リアルタイムのデータを持った単一の作業管理プラットフォームを使うことができたら素晴らしいと思いませんか?

あなたにとってのメリットは?

柔軟性の高いプラットフォーム

  1. それぞれの役割に合わせたプロジェクトの詳細
  2. ニーズに合わせてカスタマイズできるワークフロー
  3. エコシステム全体の連結性

実行状況の可視化促進

  1. タスクをドラッグ&ドロップすると、プラットフォーム全体が瞬時に更新
  2. アラートとゲートをワンクリックで可視化
  3. 役割に応じてカスタマイズ可能なビュー

クラス最高のコラボレーション

  1. チーム全員が高く評価する使いやすさと使い勝手の良さ
  2. チームやポートフォリオの階層をまたぐ役割ベースの可視化
  3. プロセスを統一するためのフレームワークと、チームごとのカスタムビュー

スケーラブルなデータモデル

  1. 大容量データをリアルタイムに同期
  2. 役員からPMOまで、あらゆる役割に応じたビューとワークスペース
  3. ISO認証とGDPRに対応したエンタープライズ・セキュリティ
 

ビジュアルコラボレーションの主な機能

プロジェクト、アクションプラン、イニシアチブなど、あらゆる活動の進捗をチームが構造化して追跡、共有することができます。

  • タスクとプロジェクト
  • コラボレーション
  • ドキュメント管理
  • モバイル対応
  • インテグレーション
タスクとプロジェクト
  • タスク作成

カードの作成を通じて、タスクの説明、開始日と期限、反復、プロジェクトの関連付け、ステータス、タスクの依存関係、割り当て、カスタムタスクフィールド、サブタスクの作成、タスクごとの時間追跡などを入力できます。

  • タスクの対話

それぞれのプロジェクト/タスクカードでは、ユーザー同士が対話できるディスカッションブロックにより、文脈に応じたコラボレーションが可能です。さまざまなステークホルダー間のコミュニケーションは、個人やグループからの@メンション、個人やチームへのプッシュメールなど、通知によって促進されます。

  • プロジェクト作成

“ボード “は、すべての貢献者にプロジェクトを可視化し、人、チーム、データを繋ぎます。プロジェクトの説明、カスタムフィールドやマイルストンの作成、メンバーの割り当て、プロジェクトのタスクやサブタスクの定義、プロジェクトに関するチャットなど…

  • プロジェクトの実行

“スライドボード” を使えば、プロジェクトに関係なくToDo作業を”かんばん”で簡単に可視化でき、会議、ドキュメント、タスクなど、あらゆる種類の成果物を管理することができます。

  • チーム別・プロジェクト別テンプレート

部門や用途(人事、マーケティング、カスタマーサービス、法務、コミュニケーション、営業…)に応じたテンプレートのカスタマイズ

カスタマイズ可能なホームページと次のクイックアクセスがあるユーザーごとの専用環境

○独自の”ショートカット”(ハイパーリンク)により、作業環境の一元化を実現

○1クリックでオブジェクトやビューにアクセスできる “お気に入り “セクション

○ToDo リストや現在のプロジェクトの状況を表示する”概要”セクション

コラボレーション
  • 対話

それぞれのプロジェクトカード/タスクでは、ユーザー同士が対話できるディスカッションブロックや、メールでの共有を利用することで、文脈に応じたコラボレーションが可能です。

さまざまなステークホルダー間のコミュニケーションは、個人やグループからの@メンション、個人やチームへのプッシュメールなど、通知によって促進されます。

  • チームワークスペース

グリッドボードで、協力者やプロジェクトマネージャーは進捗状況を確認し、アラートの出たトピックに集中することができます。ビューは、チーム、役割、環境レベルでカスタマイズできるので、例えばアラート、今週のタスクなど、制御すべきアクションを表示することができます。特定のビューがグループメンバーとの良好なコラボレーションにとって特に重要である場合、そのビューを共有するだけでなく、ピン留めしてすべてのメンバーのメインビューににすることも可能です。

  • コラボレーションポータル

プロジェクトカードを使い、メンバーは、ステータス、決定事項、結果についてリアルタイムでコラボレーション、意見交換、議論し、ドキュメントを配布したり、アラート、通知などを出すことができます。

 

  • リアルタイムのコラボレーション

“ディスカッション”ブロックでは、リアルタイムでのディスカッションや、会話の履歴にアクセスすることができます。マップの”ホワイトボード”ブロックでは、会議で取ったメモを入力したり、ブレーンストーミングを行ったり、インシデント管理をアーカイブしたり、継続的な改善のために学んだ教訓を保管したりすることができます。

ドキュメント管理
  • ドキュメントのストレージと共有

プロジェクトカードにある、カスタマイズ可能な”ドキュメント”ブロックを使い、カードに含まれる情報によってドキュメントをコンテキスト化することができます。

このブロックは、ドキュメントの分類に役立つ複数のセクションで構成されます。

ローカルまたは外部リンク(Google Drive、SharePointなど)でホストされるすべてのドキュメントのフォーマット(テキスト、画像、ビデオ、プレゼンテーションなど)をサポートすることで、ドキュメントを一箇所で集中管理することができます。

これらのドキュメントは、作業環境を変えずにその場でプレビューすることができます。

コンテキスト化されたドキュメントは、カードを使って簡単に共有(URLリンク、MS Teams、電子メール)でき、常に最新バージョンにアクセスできます。

モバイル対応
  • レスポンシブデザインとモバイルアプリ

新たにリニューアルされたSciformaアプリでは、次の作業ができるようになりました。

-いつでも、どこでも、携帯電話でタイムシートを直接管理することができます。
-提出したタイムシートを追跡し、直接管理することができます。
-タイムシート提出の通知を受け取れるので、締め切りに遅れることはもうありません。
– 日常作業に費やした時間を入力します。
-週単位で上司にタイムシートを送信します。

インテグレーション
  • サードパーティシステムとの統合

Microsoft Teams、Google Workspace、BI、CRM、ERPなど、通知の送受信や、コンテンツやダイナミックダッシュボード、フォームを統合することができます。

例:Microsoft Teams

慣れていないやり方、使い慣れていないソフトに変える必要はありません。

Sciforma Deliver Microsoft Teamsを統合すると、Microsoft Teamsでノート、ドキュメント、プロジェクトカレンダーを共有することができるだけでなく、Microsoft Teamsの会話チャンネルから、各自が担当するプロジェクトの作業を管理し、ステータスを更新し、新しいSciformaタスクを作成することができます。

ビジネス上のメリット

Sciforma Deliverを使用しているお客様からは、以下のような効果が報告されています。

透明性と視認性の向上

50 %
準備作業、打ち合わせの50%削減*

問題を未然に防ぐ

50 %
市場投入までの時間を30~50%短**

プロジェクトリスクの低減

30 %
プロジェクト処理能力が30%向上***

* 大手保険会社からの情報

** Belのケーススタディからのデータ

*** ロレアルグループマネージャーによると≪金曜日をレポート作成、水曜日を業務の再スケジューリングに費やすことがなくなり、チームの目標達成に100%の時間を費やすことができるようになり、処理できるプロジェクトの件数が30%増加しました。»