協調的思考と行動のパワーを利用

rocket-launch

デリバリーサイクルの高速化

顧客のニーズは急速に変化するため、プロジェクトやプログラムのサイクルタイムを長くすることはもはや選択肢ではありません。プロジェクトを迅速に進めるには、適切なコラボレーティブデリバリーテクニックが必要です。

組織的学習の推進

経験に適応し、経験から学ぶ能力、すなわち継続的に学習する企業となることは、競争上不可欠なものとなっています。組織的な学習を支援するツールは必須です。

lightning

ワークフォースの変化を先取り

新しい世代は、日常的なプロセスがデジタル化されることを期待し、特にコラボレーションに関しては、最新のツールでサポートされることを期待します。地理的・機能的に分散したチームがどこにいても、コラボレーションとコミュニケーションを可能にする必要があります。

人とプロジェクトに橋をかけ、チームワークを最適化する

PMO:企業のチームをひとつに

チームの仕事を一元化し、いつでもどこでも効率的なコミュニケーションを可能にします。 プロジェクト、製品、プログラムのマネージャは、コネクションを管理することで、周囲の状況を即座に把握することができます。 企業全体のチームのデータ、知識、経験を集約し、長期にわたって論理的に一貫性のある意思決定を行うことができます。 過去のプロジェクトで得た重要な情報や教訓を一元化してアーカイブし、組織的な学習データベースを作成できます。 プロジェクトの作業項目をロールアップ表示することで、ポートフォリオのステータスを監視することができます。

プロジェクトマネージャーとプロダクトマネージャー:複雑性の克服

チームの作業をフォローし、各プロジェクトのステータスを常に把握することができます。 プロジェクト関係者とのシンプルなコンテキスト内コミュニケーションをサポートします。プロジェクトにおけるToDoやステップ(多くは課題やリスクなど別の要素から派生したもの)を管理します。 起案者と作業担当者の両方の観点から作業項目を管理します。 問題、イベント、バグ、機能拡張、機能要求などを追跡し、解決します。 プロジェクトの納期、予算、スコープに影響を与える可能性のある業務リスクを特定し、対処します。リスクシナリオの影響をシミュレーションします。

すべての関係者と連携

役割ベースの処理によって、Sciformaはプロジェクトおよびポートフォリオマネジメントに関わるすべての関係者(経営幹部、戦略立案者、SRO、PMO、財務管理者、プロジェクトディレクター/マネージャー、スタッフ、リソースマネージャー、顧客、サプライヤー、サブコンなど)が、ポートフォリオ、プログラム、製品、プロジェクトを一元的に管理できるようにします。プロファイルベースの権限と個別の権限を使用して、ツール内の機能に対する権限とアクセス権、および読み取りまたは書き込みアクセスモードのデータをきめ細かく管理することができます。

完全な安心感を味わう

Sciformaは、1982年の設立以来、25万人以上のユーザーにソリューションを提供している、ポートフォリオ&プロジェクトマネジメントソフトウェアの最大手企業です。 私たちは、すべてのお客様の成功のために、協力的なパートナーとして働くことを約束します。 クラウドサービスプロバイダーとしてのISO 270001認証は、顧客データを保護し、SaaS製品を安全に提供するための当社の誓約を証明するものです。

Sciformaの顧客

logo
logo
logo
logo
logo
logo
logo
logo
logo
logo

プロジェクト作業管理の主な利点と機能

時代と共に歩むリレーショナル・バイ・デザイン型ワークフロー・マネジメント

  • コラボレーション・ワークスペース
  • コネクション
プロジェクトを計画し、管理するための一元化プラットフォーム

注記、メール、通知が統合されたツールで、いつでも即座にコミュニケーションと交流が可能

ポートフォリオ、プロジェクト、ワークパッケージレベルでドキュメントを添付し、アクセス可能

共有されたインサイトに基づき、他者と共に情報に基づいた意思決定を実行

関連情報の伝達を自動化し、学習の制度化とベストプラクティスの再現を促進

コネクション型ワークマネジメント機能

プロジェクト、ポートフォリオ、人、そしてプロジェクトを中心としたすべてのワークアイテムを多対多関係で相互接続します。

同じライフサイクル、予算目標、スコープを共有するビジネスケース、プロジェクト、製品、プログラムを特定します。

ビジネスケース、プロジェクト、製品、プログラム、ポートフォリオ間の接続を柔軟に追加・変更できる機能により、課題、アクション、成果物、リスクなどとそれらの接続の可視性を維持します。

プロジェクトレベルでの期間、工数、コストの変更とその影響を理解し、フォローすることができます。

プロジェクト管理手法を自由に選択

Sciformaは、アジャイル、ウォーターフォール、フェーズ・ゲート、CCPMをサポートしています。

統合アジャイル

同一プロジェクトでアジャイルとウォーターフォールを混在できる統合アジャイルPPM、予算ポイント、ベースラインポイント、ストーリーポイントによるスプリント作成機能、タスクカードを使ったプロジェクトボード

クリティカルチェーン

クリティカルチェーンの識別、バッファの生成、リソース競合の解消、フィーバーチャート、複数プロジェクトの同期を含むCCPMサポート

フェーズ・ゲート

成果物とリスクのテンプレート、ゲート承認ミーティングとレビュー、ステータスレポートを含むフェーズ・ゲートをサポート

Sciformaのタイムマネジメントに関するお客様の声

Boursorama

プロジェクトマネジメントの俊敏性と信頼性を向上

Mechanical Solutions Inc

エンジニアリングの専門性とマネジメントの期待に応える

Waterpik®

プロジェクトをより速く、より効率的に管理

logo

“2012年にSciformaを導入して以来、IT部門の活動量は3倍に増えました。このツールは、社内プロセスを複雑にすることなく、その急激な成長を管理するのにとても役立っています。”

Philippe HAYES
IT Manager

logo

“Sciformaをすべてのプロジェクトのタイムトラッキングの標準とすることで、説明責任は高まり、コミュニケーションも改善されました。これは、私たちにとって、まさに目から鱗の出来事でした。今では、誰が何に取り組んでいるのかがわかり、細部までドリルダウンできるようなったのです。”

Vladimir Skidelsky
Project Engineer

logo

“Sciformaがなければ、もっと細かな管理を行い、タスクや期日を常に対面して注意することになったでしょう。”

Monica Cecava
Senior Program Manager

Sciforma のその他の PPM 機能

Sciforma は、利益ある成長を達成するというCレベルの中核的な目標に沿ったPMO目標/KPIに直接影響を与える、重要な問題点を解決するために設計されています。