Blog

プロジェクトおよびポートフォリオリーダー向けのニュース、ヒント、およびベストプラクティス

art

PPMツールを最大限に活用: ユーザーオンボーディング戦略の最適化

優れたPPMツールを導入したのに、なぜプロジェクトは苦戦しているのか? キーポイント 新しい企業向けPPMツールを導入する際には、変更管理が極めて重要 効果的な変更管理を構築するために、専門家はオンボーディングプランを確立し、チームの懸念事項を伝え、共有することを推奨 最良のオンボーディングプランは、個別化、ゲーミフィケーション、インセンティブを中心に展開 「PPMツールは効率的でない。」 「約束通りに動作しない。」 「圧倒される。」 これらは、新しいプロジェクトポートフォリオ管理ツールを導入した後、プロジェクトマネージャーがユーザーからよく聞く不満の一部です。新しいツールは習得に時間がかかることは事実ですが、これらの懸念は無視できません。結局のところ、ツールを購入し、導入するだけではプロジェクト管理を成功させるのに十分ではなく、それは旅の始まりに過ぎないのです。そのため、私たちはスイスのバーゼルで開催されたPharma&Medtech PPMカンファレンスを利用し、専門家パネルを集め、顧客取り組みの成功経験を共有しました。議論の中心は 新しい企業向けPPMツールを導入するためのベストプラクティスです。 その主な内容は、次の通りです。 PPMツールにおける変更管理の重要性 PPMサービスプロバイダーのAccelondのコンサルティングマネージャーであるDieter Riegelhofは、ソフトウェア導入の成功に責任を負っています。彼の経験では、ソフトウェア導入プロジェクトの約70%が顧客やエンドユーザーに実際の価値を提供できないまま失敗していると言います。 その理由は、十分に変更管理を考慮していないからです。 Riegelhofは、Sciformaのプリセールスコンサルタント、Andreas Ronczkaに、次のように語っています。「どんな新しいPPMツールも組織に変化をもたらし、誰もがこの変化に適応しなければなりません。一般的に、多くの人は変化を恐れ、快適なゾーンにとどまりたがります。これはプロジェクトの実装のペース、そして最終的にはその成功に影響を与えます。」 企業規模や導入するツールに関係なく、Riegelhofは変更管理が導入成功の鍵だと述べています。 「適切なインセンティブを見つければ、きちんとフォローされ、チームそして組織全体が強くなります。 なぜなら、最終的には、すべての人が協力して変化を管理するからです。」 ここで重要になるのは、どのようにして優れた変更管理を確立するかということです。 コミュニケーション:PPMツールに関する問題の核心 Riegelhofが言う “適切なインセンティブ “を見つけるには、変更管理が最終的には説得の問題であることを念頭に置く必要があります。  「なぜこの変更を行う必要があるかを知っていれば、彼らはより簡単にあなたに従い、信頼は時間とともに大きくなるでしょう。」 計画とコミュニケーションは、組織の特異性に適応したものでなければなりません。専門家は、チームと緊密に協力しながら、最悪のシナリオ、最善のシナリオ、起こりうるシナリオを最初から想定しておくことを勧めています。こうすることで、彼らのニーズと恐れの両方に対処し、同時になぜ変更が必要なのかを理解してもらうことができます。  偶然に任せてはいけません。すべてのシナリオや疑問を検討し、上流工程で対処しなければなりません。 誰もがチャレンジと報酬を好む さらに、組織内で変更管理を成功させるために、Riegelhofはチャレンジと甘やかしをミックスすることを提唱しています。 「チャレンジは人々を惹きつけ、その経験が数回のトレーニングセッションや、洒落たユーザードキュメントの配布に限定されることがないようにします。実際、チャレンジに参加することで、新しいPPMツールを発見することができます。第2の要素は、甘やかしです。私たちは、バグがなく、信頼性の高い、強力なツールを提供するために、可能な限りのことをしなければなりません。これらの要素に注意を払い、変更管理の枠組みの中に配置すれことで、プロジェクトは成功します。」   スマートな学習のためのスマートなトレーニング 綿密に計画されたコミュニケーション・イニシアチブは、ユーザー参加の前提条件です。しかし、実装を成功させるには、ユーザーに行動する手段を与える必要があります。これには、トレーニングプログラムの設定が含まれます。 そこで登場するのが、Accelondの学習とソフトウェア・トレーニングのエキスパート、Anna Pannenbergです。 「現代のソフトウェアは、トレーニングを必要としないほど使いやすいはずだと言う人もいます。しかし実際には、トレーニングはソフトウェアやその機能だけについて行われるものではありません。新しいPPMツール使って遊ぶ時間を提供することで、自信と良い習慣を身につけることができるのです。」 Pannenbergの経験では、優れたトレーニングはコミュニケーションプランと同じくらい重要であり、ユニークなものです。知識の習得と良い習慣の習得を最適化するために、良いトレーニング計画は、学習者の個々のトレーニングのニーズを考慮するだけでなく、学習者と積極的に関与する必要があります。 「やる気のある学習者がいなければ、効果的な学習はできません。この状況で最も危険なのはフラストレーションであり、それは次のようなさまざまな要因によって引き起こされます。  トレーニングへのアクセスに問題がある、あるいはタイトルに魅力がない – セッションについていけない、内容が複雑すぎる – その他、さまざまな要因 したがって、魅力的、教育的な方法でコンテンツを提示しなければなりません。」 それを実現するには、トレーニングを明確で、シンプルで、楽しくついていけるものにすることです。この最後のポイントは重要で、対話的な要素やゲーム(ビデオ、音楽、ポップアップ付きの画像など)を通じて達成できます。 「楽しさは学習者の強い動機づけであり、長期的な成功は長期的な意欲を持ったユーザーとしか実現できません。」 Pannenbergはまた、トレーニングプログラムを短いクイズで締めくくることで”バックウォッシュ効果 “を期待できると述べています。クイズは、受講者が学習成果をチェックできるだけでなく、同時にトレーニングの効果についてトレーナーにフィードバックすることもできます。 最後に:常にシンプルに! RiegelhofとPannenbergの両者が、大規模な導入プロジェクトでは段階的なアプローチをとることが重要だとしています。複雑なものを細かく分割すること。例えば、全体的な目標、作業パッケージ、期待される結果を、複数の測定可能なフェーズに分割することで、新システムへの統合を促進することができます。 ご質問やコメントがありましたら、お気軽に弊社のPPMソフトウェアのキスパートにお問い合わせください! Andreas Ronczka […]

記事を読む
art

EPPMソフトウェアとは?

少し前まで、プロジェクトマネージャやポートフォリオマネージャは、鉛筆と紙を使ってプロジェクトを計画・管理していました。情報技術の発展とデスクトップソフトウェアの普及により、計算がはるかに簡単になり、プロジェクト管理の実践にある程度の自動化が導入されました。テクノロジーが進歩するにつれ、専用のプロジェクトマネジメント、プロジェクト・ポートフォリオ・マネジメント(PPM)、さらにはエンタープライズ・プロジェクト・ポートフォリオ・マネジメント(EPPM)のソフトウェア・プログラムが登場し、プロジェクトマネージャがリソースやプロジェクトを計画、整理、管理するのを支援しています。 プロジェクト管理の専門家のためのテクノロジーツールは進化し、エンタープライズ・プロジェクト・ポートフォリオ管理(EPPM)ソフトウェアとなりました。このようなソリューションは、相互に依存する大量のプロジェクト、プログラム、計画、タスク、リソースを一元的かつ一貫して管理することを可能にすることで、管理規模を次のレベルに引き上げます。EPPMは、プロジェクトマネジメントオフィスやポートフォリオマネージャが、組織として競争力を維持し、顧客やステークホルダーの満足度を向上させ、将来に向けたポジションを確立するために、組織的かつ正確で収益性の高い方法でプロジェクトを計画・実行するのを支援します。ここでは、EPPMソフトウェアがどのように機能するのか、また、このようなツールをどのように活用すれば有利になるのかについて説明します。   プロジェクト管理ソフトウェア:プロジェクトマネージャのためのテクノロジー EPPMソフトウェアの説明に入る前に、その代替手段であるプロジェクト管理ソフトウェアについて探ってみましょう。プロジェクト管理ツールは、プロジェクトマネージャとプロジェクトチームがそれぞれのプロジェクトで様々な管理活動を行うことを可能にするテクノロジー製品です。プロジェクト管理ツールは、プロジェクト活動の可視性を高めることで、プロジェクトの計画、追跡、監視を強化し、プロジェクトマネージャに、誰が、何時に、何に取り組むべきかを知らせます。 組み込みのガントチャート、カレンダー、タイムシート、予算計画は、プロジェクトのライフサイクルを通じてプロジェクトマネージャの作業を支援し、プロジェクトの日々の管理と成果達成を容易にします。 プロジェクト管理ソフトウェアツールの主な利点の一つは、計画、スケジューリング、トラッキングの知的な自動化です。自動化されたツールや機能は、計画段階でプロジェクトのマイルストンや成果物の範囲を定義し、マッピングするのを支援します。そして、自動化されたトラッキング機能により、プロジェクトの進捗をリアルタイムで測定し、計画と比較してすべてが最新で、期待通りに進んでいることをプロジェクトマネージャが確認するのに役立ちます。これらのPMツールの中には、リソースの割り当てを自動的に最適化するリソース管理機能や、時間追跡、予算管理、コラボレーション、レポーティングの機能を備えているものもあります。 備考:エンタープライズ・プロジェクト管理(EPM)ソフトウェアという用語は、一般的に、より大きな容量と、より多くのプロジェクトを処理する能力を持つPMソフトウェア製品を指します。   プロジェクト管理ソフトウェアの主な機能と利点 プロジェクト計画 専用のプロジェクト管理ソフトウェアの主要な目的の一つは、プロジェクトマネージャがプロジェクト計画、スケジュール、見積もり、予測を作成する際の手間を省き、プロジェクトの健全な基盤を構築するのを支援することです。知的なプランニング機能は、リソースの作業スケジュールや過去のプロジェクト履歴を考慮(一部のPMツールは過去の取り組みからの知識を再利用したプロジェクトモデルを提供)します。これにより、プロジェクトマネージャは正確で信頼性のあるプロジェクトの完了のためのロードマップを確立することができます。 複数のプロジェクトを並行して担当するプロジェクトマネージャは、完了したプロジェクト、進行中のプロジェクト、計画中のプロジェクトすべての全体像を把握できるため、パイプライン全体を可視化することができます。これにより、問題やボトルネックが発生する前に対処することができます。 リソース管理 多くのプロジェクト管理ツールには、プロジェクトのリソース割り当てを最適化するための機能が備わっており、リソースが適切なタイミングで適切なタスクに従事していることをプロジェクトマネージャが確認するのに役立ちます。リソース計画はプロジェクト管理において極めて重要です。プロジェクトマネージャは、各プロジェクトの各フェーズで適切なリソースを動員できるようにする必要があります。リソースのヒートマップなどのソフトウェア機能は、リソースプールのインバウンドの需要とキャパシティを可視化し、問題やボトルネックを検出し、最適なバランスを取るのに役立ちます。リソースの可視化は、リソース割り当てプロセスを容易にし、スピードアップするだけでなく、プロジェクトマネージャがリソース不足を予測し、人員配置を決定するのに役立ちます。 予算管理 プロジェクト管理ツールは、プロジェクトマネージャが割り当てられた予算内でプロジェクトを成功させる能力を向上させます。プロジェクト管理ソフトウェアは、最初の見積もりから最終請求までプロジェクトの予算をコントロールし、管理することを支援します。予算計画の機能により、プロジェクトマネージャは将来のコストを予測し、見積もり、さまざまなROI計算を行うことができます。同時に、リアルタイムの予算管理とタイムトラッキング機能により、実行段階を通して人的および技術的なリソースのコストをチェックすることができます。 モニタリングとレポーティング 専用のプロジェクト管理ソフトウェアは、プロジェクトの様々なステージでの作業の進捗をモニタリングし、プロジェクトの健全性とステータスに対する有益なビジョンを提供するのに重要な役割を果たします。 正確な時間と予算のトラッキングとリアルタイムのデータ統合により、プロジェクトマネージャはプロジェクトの時間とコストの推移をモニタリングし、取り組みが成功へ向かっているかどうかを評価し、必要に応じて行動を起こすことができます。ツールはまた、自動的に最新のレポートとダッシュボードを生成し、その進捗を上級管理職に報告するための手段を提供します。 プロジェクトコミュニケーション プロジェクト管理ソフトウェアは、プロジェクトチーム向けのコミュニケーションチャネルとファンネルを提供します。タスクやプロジェクトの要件や仕様を文書化したファイルを共有することで、関係者全員が包括的な情報にアクセスできるようになり、ビルトインされたメッセージングおよびコメントシステムがチームコミュニケーションを促進します。 プロジェクト管理ソフトウェアは、クライアント、サプライヤー、または他のステークホルダーとの対外的なコミュニケーションを改善することもできます。これらの関係者にシステムへのアクセス権を与え、自分たちに関連する特定のプロジェクト情報を確認し、直接コメントを提供できるようになるからです。 チームコラボレーション プロジェクト管理アプリケーションは、可視性とコミュニケーションを向上させるだけでなく、プロジェクトチーム間のコラボレーションも促進します。プロジェクト管理アプリケーションは、プロジェクトをより小さな個々のタスクに分解し、指定されたチームメンバーにサポートを提供します。たとえば、プロジェクトのカンバンビューやボードは、プロジェクトの進捗状況やアクティビティの内訳をみんなに知らせるのに役立ちます。そうすることで、各チームメンバーは他のメンバーが何に取り組んでいるかを明確に把握し、プロジェクトにおける自分の位置づけや役割を一目で理解することができます。 全体として、これらのツールはプロジェクトチームのメンバーが対話し、協力し、チーム全体が完成を目指す目標を達成するための最善の方法について議論するためのフォーラムとフレームワークを提供し、プロジェクトチームの整合性を促進します。   エンタープライズ・プロジェクト・ポートフォリオ・マネジメント: プロジェクト管理だけでは不十分な場合 基本的なプロジェクト管理ソフトウェアは、単一のプロジェクトの取り扱いを大幅に改善することができます。これは、プロジェクトマネージャのワークフローを合理化し、プロジェクトを計画・追跡するための優れたフレームワークを確立するのに役立ちます。ただし、組織とプロジェクト管理プロセスが経験と成熟度を増すにつれ、プロジェクト管理オフィスや組織が、より多くのプロジェクト、より大規模なプロジェクトを担当するようになることが予想されます。その段階では、個別のプロジェクトを管理するために設計されたツールでは、同時に多数のプロジェクトを管理することができないかもしれません。 規模が大きくなると、プログラムやプロジェクトポートフォリオを管理するには、ビジネス全体のさまざまな領域にまたがる複数のプロジェクト間の関係、リンク、依存関係を理解する必要があります。プロジェクトのすべてを管理する場合、ポートフォリオマネージャやPMOは、どの取り組みを優先すべきかを知る必要があります。言い換えれば、価値を最大化するためには、どこに時間、リソース、予算を投資すべきかを評価することが必要です。複数のプロジェクトのビジネス価値と戦略の整合性を評価する能力が必要です。プロジェクトのあらゆる側面を詳細に理解することは、成功の可能性を最大化するために不可欠です。さらに、プロジェクトが大規模になればなるほど、その複雑さと難解さも増します。 その結果、プロジェクト主導型の組織は、多くの重要なプロジェクトを確実に成功させるために基本的なプロジェクト管理ツール以上のものが必要となる段階に最終的に達します。   プロジェクト管理ソフトウェアからエンタープライズ・プロジェクト・ポートフォリオ・マネジメント(EPPM)ソフトウェアへ そこで登場するのが、プロジェクト・ポートフォリオ・マネジメント・ソフトウェアです。PPMソフトウェアは、プロジェクトの集合体を全体として扱うために設計されたビジネスソリューションです。プロジェクトポートフォリオ管理製品は、プロジェクト、プログラム、製品、ポートフォリオのプールを、互いの関係やビジネス目標との関係を考慮しながら管理するものです。プロジェクトポートフォリオ管理製品は、全体的な取り組みを確認し、管理するための中心的なプラットフォームをユーザーに提供します。PMOやPPMのリーダーは、従来のプロジェクト管理から一歩引いて、より高いレベルからプロジェクトのタイムライン、リソース、ビジネス目標を包括的に可視化し、理解を深めることができます。 EPPMソフトウェアのメリット このようなプラットフォームは、現在のプロジェクトのパフォーマンス、健康状態、進捗状況の可視性を向上させます。リアルタイムでリソースの需要を表示し、見積と比較できる機能も備えています。また、進行中のプロジェクトや今後予定されているプロジェクトに関する情報を統合し、さまざまな取り組みやその他のビジネスとの依存関係を示すことで、プロジェクト管理のエグゼクティブにグローバルな視点を提供します。 このようなトップダウンの監視に加えて、EPPMソフトウェアは、PMOが企業全体のプロジェクトとリソースの調整を管理するのを支援するように設計されたツールを提供します。要するに、PPMソフトウェアツールは、企業レベルですべてのプロジェクトを期限内かつ予算内で完了させ、目標とするビジネスゴールを達成することを目的としています。PPMソフトウェアツールは、利益を最大化するために時間、予算、リソースをどこに投資すべきかを経営陣が決定するために必要な、事実に基づいた情報を提供します。 複数のツールやデスクトップソフトウェアを使用してプロジェクトを管理することは、重複、冗長性、不適切さのリスクを増大させますが、PPMに関連するすべての活動とデータを単一の全社的なシステムに集約することで、すべてのプロジェクトポートフォリオに対する唯一のバージョンを提供することができます。プロジェクトポートフォリオ管理ソフトウェアは通常、ERPなどの他の企業システムとインターフェイスを取り、関連するプロジェクトデータを収集および集約することができます。 PMOや意思決定者に明確な情報を提供できるため、EPPMツールは不安定で絶え間なく変化するビジネス環境でますます求められています。実際、ReportLinkerの調査によれば、グローバルなプロジェクトポートフォリオ管理(PPM)市場は2020年の42億米ドルから2025年には56億米ドルに成長し、年平均成長率(CAGR)は6%になると予想されています。   主要なEPPMソフトウェアの機能 リスク評価からリソース割り当てまで、業界標準のプロジェクトポートフォリオ管理ソフトウェアは、プロジェクトポートフォリオのライフサイクル全体をカバーするさまざまな機能と能力を提供します。ここでは、EPPMソフトウェアが提供する主要な管理機能のいくつかを紹介します。 リソースの割り当て リソース管理機能は、プロジェクトマネージャとリソースマネージャが財務、技術、および人的リソースを最大限に活用し、ポートフォリオレベルで総合的な価値を最大化するために、これらのリソースを配分し、割り当てるための機能です。すべてのリソースが最適な能力で作業し、最も価値のある重要なリソースが最も高い利益を生む取り組みに割り当てられていることを確認することができます。 リスク管理 プロジェクトポートフォリオマネジメントソフトウェアは、プロジェクトの潜在的なリスクを早期に発見し、軽減するのに役立ちます。自動化されたリスク識別と分析により、プロジェクトポートフォリオ全体での信頼度レベルを判断することが可能になります。これらのスコアリングは、リソースの割り当ての決定にも影響を与えます。この知識に基づいて、ポートフォリオマネージャはベストプラクティスを実施し、プロジェクトポートフォリオ全体でリスクを分散させるための手段を講じることができます。 財務管理 財務および予算管理の機能は、プロジェクトおよびポートフォリオの見込まれる回収と企業の目標に対する財務価値を示します。これにより、現金の流入と流出を予測し、プロジェクト全体でコストと収益の進捗をリアルタイムで追跡することが可能となります。これらはまた、ポートフォリオのレベルで財務価値を予測および管理するのに役立つさまざまなメトリクスおよび分析を提供します。 戦略との整合性 プロジェクトポートフォリオ管理ソフトウェアから得られるエグゼクティブ・レベルのビジネスインサイトは、上級意思決定者が企業の目標と戦略に最も合致する投資を選択し、優先順位を付けることを支援します。 PPMシステムは、アクティブなプロジェクトのパフォーマンスやリソースニーズ、将来のプロジェクトの影響に関する情報を提供し、リンクと依存関係を示すため、ポートフォリオマネージャやPMOは、戦略的な計画や目標に対する実際の進捗状況をリアルタイムで比較することができます。 これらの機能には、ポートフォリオ全体の「what-if」シナリオを構築する機能も含まれます。   正しいEPPMソフトウェアツールの選び方 […]

記事を読む
art

プロジェクトリーダーはサステナビリティのトレーニングを受けるべきか?

プロジェクト・ポートフォリオ・マネジメント(PPM)とサステナビリティは、2つの異なる領域のように見えるかもしれませんが、実際には密接に関連しています。PMOやPPMリーダーがサステナビリティプロジェクトを推進する機会が増えている今、サステナビリティに特化したトレーニングを実施することは、組織として理にかなっているのではないでしょうか。その理由を探ってみましょう。 PPMがサステナビリティと出会うとき サステナビリティ:新たな企業の要件 近年、サステナビリティは企業にとって重要な要素となっています。消費者はますます環境に優しい製品やサービスを求めるようになっており、IBMの調査によれば、57%の人が環境への影響を減らすために購買習慣を変えると言っています。 その結果、環境に配慮したビジネスは投資家にとっても魅力的なものとなっています。コロナに関連した混乱でさえその傾向は変わっておらず、79%の投資家が持続可能な投資に焦点を当てています。そのため、アナリストはサステナビリティの取り組みと事業の収益性との間には正の相関関係があると観察しています。 そのため、多くの組織がサステナビリティの取り組みと投資を強化しています。例えば、消費財大手のプロクター・アンド・ギャンブル社は、2030年までにすべての梱包材を完全にリサイクル可能または再利用可能なものにすると宣言しています。 サステナビリティ実現のためのプロジェクト 大きな目標を設定し発表することは良い第一歩ですが、実際にビジネスをより持続可能なものにするには変革が必要です。ほとんどの場合、この変革はプロジェクトを通じて実現されます。 とはいえ、サステナビリティ戦略を成功させるためには、組織、PMO、プロジェクトチームが、この種のプロジェクトを計画し、実施する権限を持っていることが重要です。 従来のPPMの課題とサステナビリティ特有の課題 従来のプロジェクトの課題 他の企業イニシアチブと同様、サステナビリティプロジェクトもPPMのトリプル制約(戦略との整合性、利益の最大化、リソースの有効活用)の対象となります。具体的には、現在のPMOとプロジェクトリーダーは、次の点で複雑な課題に直面しています。 リソース不足:市場と職場環境の混乱が、プロジェクト遂行に利用可能な財務的、人的、技術的リソースに負担をかけています。 複雑さ:組織のプロジェクトには通常、複数のステークホルダーと相互依存するシステムが関与するため、問題を特定し、優先順位をつけることが難しい場合があります。 不確実性:プロジェクト組織は、常に新しい技術、法規制の変更、市場動向の変化など、不安定な環境に対処する必要があります。さらに、リスク状況の変化や、プロジェクトの成功を脅かす新たな脅威の出現もあります。 サステナビリティプロジェクトの課題 サステナビリティプロジェクトも独自の課題に直面しています。まず、データの入手可能性の問題から見てみましょう。 環境への取り組みを完了させるには、特定の行動の環境への影響とパフォーマンスに関する最新で信頼性のあるデータにアクセスできるかどうかが鍵となります。しかし、環境への影響評価は比較的新しい分野であるため、そのようなデータを収集し、扱うことは困難です。また、このような変革的プロジェクトには、標準化されたKPIや指標が不足していることが多く、目標を追跡し、報告することが難しくなります。 このようなデータ収集と報告の課題から、サステナビリティプロジェクトに多くのステークホルダーを巻き込むことが難しくなります。これには従業員だけでなく、サプライヤー、投資家、規制機関なども含まれます。これが、サステナビリティの取り組みがしばしばスポンサーシップの問題に直面する理由でもあります。 では、PMOはどうすれば、これらの高度な課題を伴うプロジェクトを成功させることができるのでしょうか? グリーンPPMリーダーのメリット すべての障害を魔法のように取り除くことはできませんが、環境に敏感なプロジェクトリーダーを持つことは、このような変革的なプロジェクトを実現する上で大いに役立ちます。 持続可能なプロジェクトであろうとするならば、計画から実施に至るまで、プロジェクトのライフサイクル全体を通じて環境に配慮すべきです。プロジェクトの影響を初期の段階で考慮し、評価することで、マネージャは潜在的なリスクや機会を察知し、適切に対応することができるので、コストのかかるミスを防ぐことができます。しかし、多くのPMOは古い習慣に頼りがちで、スコープ設定やプランニングの段階ではサステナビリティの問題を放置しています。そのため、サステナビリティをプロジェクトの”設計に組み込む”べき理由を理解する、環境リテラシーの高いPPMリーダーの存在が重要になります。 適切なサステナビリティトレーニングを受けたPPMリーダーであれば、課題と機会を理解し、社内外の期待を管理し、効果的にコミュニケーションを図ることができるでしょう。その結果、ステークホルダーの関与も上がり、取り組みに対する信頼と支持の構築にも寄与します。 サプライヤーに関しては、これは特に重要です。サプライヤーはビジネスの環境負荷に大きくかかわっていますが、彼らと連携して変革を促すことが難しい場合があります。トレーニングを受けたプロフェッショナルであれば、そのような課題に対処するのにより適しているかもしれません。 次のステップは? サステナビリティの問題と目標への注目が高まる中、PPMリーダーがCSRや環境の原則と実践をより深く理解することは、組織がサステナビリティの課題を達成する上で大いに役立ちます。 ただし、トレーニングやスキルだけでは、プロジェクトポートフォリオマネジメントを最適化するのに十分ではありません。PMOは、PPMを成功させるには、データを収集、処理、分析するための強力なツールも必要であることを決して忘れてはなりません。 お問い合わせ

記事を読む