適応力の高いリソース管理で新たな効率性を引き出す

time management

市場対応力の向上

間違いのないチームを作り、迅速にリソースを動員し、素早くリソース計画を調整することが、タイム・トゥ・マーケットの目標を達成し、長期の競争力を獲得するためのキーとなります。

Efficiency

業務の効率性の向上

業務効率は、基本的なリソースの利用状況と可用性(つまり誰が何をしているか)の視覚化から始まり、空きリソースを活用することで生産性を最大化するためには絶対に必要なものです。業務効率は、より綿密にリソース配置をコントロールすることで改善されます。

Innovation

ビジネスインパクトの最大化

優れたタレントマネジメントとは、最優先のプロジェクトに適切なスキルを持った適切なリソースを割り当て、最適な稼働率で仕事ができていることです。これは、ビジネスバリューとインパクトを最大化する方法でもあります。

リソースプランニングとマネジメントをシンプルかつインパクトのあるものに

PMO:プロジェクト活動に対する説得力のある洞察を確保

  • – 新鮮で正確なリアルタイムデータにアクセスし、プロジェクトの価値とリスクをよりよく理解する
  • リソース配置、支出、スタッフの競合、人数の変更などをより明確にする
  • キャパシティプランニングのビューとレポートにより、将来リソースの過不足が発生する可能性のある場所を可視化する

リソースマネージャー:効率性を高めるためのコントロール改善

  • – リソースの使用率ヒートマップにより、進行中および計画中のプロジェクトシナリオで、使用率の低いリソースと使用率の高いリソースを特定
  • リソースへのタスク割り当てとスケジュールの更新が瞬時に可能
  • プロジェクトマネージャのリソース要求を承認し、プロジェクトマネージャからの事前要求なしにリソースをプロジェクトに割り当て

プロジェクトマネージャー:プロジェクト成功の可能性を最大化

  • 進行中および計画中の作業の更新、リソースとキャパシティの可視化、依存関係の可視化により、プロジェクトの状況を全体的に把握できます。 プロジェクトチームの人員不足を即座に強調でsきます。 専用のワークスペースとツールにより、電子メールを使わずにリソースマネージャーとのコラボレーションが容易になり、管理上のオーバーヘッドを削減し、付加価値の高い業務に集中することができます。 カスタマイズされた自動ワークフローを使用して、チームを構築し、リソースを要求することができます。

すべての関係者と連携

役割ベースの処理によって、Sciformaはプロジェクトおよびポートフォリオマネジメントに関わるすべての関係者(経営幹部、戦略立案者、SRO、PMO、財務管理者、プロジェクトディレクター/マネージャー、スタッフ、リソースマネージャー、顧客、サプライヤー、サブコンなど)が、ポートフォリオ、プログラム、製品、プロジェクトを一元的に管理できるようにします。プロファイルベースの権限と個別の権限を使用して、ツール内の機能に対する権限とアクセス権、および読み取りまたは書き込みアクセスモードのデータをきめ細かく管理することができます。

Sciformaの顧客

logo
logo
logo
logo
logo
logo
logo
logo
logo
logo

あらゆるリソースマネジメントモデルに対応する豊富な機能

Sciformaのリソース管理は、あらゆる状況(チームリーダーがリソースの割り当てを最適化する必要がある場合や、大規模な組織で高度なリソース割り当てが必要な場合など)に対応できるよう設計されています。

  • キャパシティプランニングと分析
  • 複数リソースの割り当て
  • 複数プロジェクトでのリソース管理
  • キャパシティの確保
投資、プログラム、プロジェクト、または作業項目を選択し、優先順位をつけるために、リソースのインベントリーを使用
  • リソースの集約、役割による分類
  • 進行中のプロジェクトと提案されたプロジェクトを考慮し、リソースプールの今後の作業を簡単に確認
  • 要求/配置と配置/割り当てのギャップを分析するためのレポートを作成
複数リソースの割り当て

リソースのハード割り当て(指名割り当て)、ソフト割り当て(スキル、職種、部門などの属性割り当て)、汎用割り当て(よく利用するリソース属性の組合せを定義し、名前を付けて汎用リソースとして登録)をサポート

登録、割り当て、追跡

複数のタスクにまたがるリソースの充当や入れ替え(チームメンバーの離脱など)を、実際の作業量と残りの作業量を自動的に維持しながら簡単に行うことができます。 複数のプロジェクトで、均一および不均一にリソースの時間/使用率を割り当て、追跡し、リソースの競合を確認することができます。

利用率の最大化

プロジェクトに利用可能なリソースを明確に定義し、リソースの出所に関係なく、手動リソース追加、専用リソース、リソース配置、リソースコミットなど、お好みの方法を用いて、非常に効果的なプロジェクトチームを構築します。

プロジェクト管理手法を自由に選択

Sciformaは、アジャイル、ウォーターフォール、フェーズ・ゲート、CCPMをサポートしています。

統合アジャイル

同一プロジェクトでアジャイルとウォーターフォールを混在できる統合アジャイルPPM、予算ポイント、ベースラインポイント、ストーリーポイントによるスプリント作成機能、タスクカードを使ったプロジェクトボード

クリティカルチェーン

クリティカルチェーンの識別、バッファの生成、リソース競合の解消、フィーバーチャート、複数プロジェクトの同期を含むCCPMサポート

フェーズ・ゲート

成果物とリスクのテンプレート、ゲート承認ミーティングとレビュー、ステータスレポートを含むフェーズ・ゲートをサポート

Sciformaのリソース管理に関する顧客の証言

Aubert-Duval

製品開発サイクルの管理改善

CDRD

戦略策定と実行の効率化を推進

Horizon Credit Union

プロジェクトリソース割り当ての体系的なアプローチを可能にする可視性の向上

logo

“PMOは、進行中および今後のプロジェクトについて、チームごと、役割ごとに分類された18ヶ月間のキャパシティ要件を統合した概要を確認できるようになりました。”

Arnaud Montels
PMO

logo

“我々のビジネスへの影響は、「リソースは戦略的優先順位と一致しているか」という問いに簡単に答えられないことでした。情報ギャップがあり、それを解消することがミッションクリティカルだったのです。”

Doug Erfle
PMO

logo

“プロジェクトの直接コストやリソース投資など、投資を追跡する体系的な方法がありませんでした。ツールを使うことで、これを追跡して測定値を持つことができ、特定のプロジェクトを実施した場合の真のROIを明確にすることができるようになります。”

Lisa Jonas
Head of PMO

Sciformaの主要機能を見る

Sciforma は、利益ある成長を達成するというCレベルの中核的な目標に沿ったPMO目標/KPIに直接影響を与える、重要な問題点を解決するために設計されています。