ビジネスを前進させるプロジェクトの識別と育成

rocket-launch

ビジネスインパクトの最適化

プロジェクトリソースは制約を受けています。その結果、利益の増加など、期待する成果を上げる可能性の高いプロジェクトを選択することが重要となります。

デジタルトランスフォーメーションの達成

ほとんどの企業や組織では、デジタルトランスフォーメーションを進めています。プロジェクトはこの変化を推進します。アイデアに優先順位をつけ、トランスフォーメーションの取り組みとの整合性を取ることが成功の鍵だと言えます。

lightning

意思決定を改善

意思決定のためのデータとプロセスの一元化は、決定の質と一貫性(有効性)だけでなく、サイクルタイムと個々の生産性(効率)を改善します。

最大値を引き出すためのアイデア管理

アイデアとデマンドの管理プロセスが必要な理由

アイデアとデマンドを管理することで、限りあるリソースを最良のアイデア、最も期待できるプロジェクトに使用することができます。プロジェクトを完璧に(つまり、スケジュール通り、予算内、スコープ内で)実行しても、それが間違ったプロジェクトならば意味がありません。

アイデアとデマンドの管理プロセスの実装方法

Sciformaのアイデアとデマンド管理は、アイデアの取り込み、ワークフロー、承認プロセス、(プロジェクトアイデア、リクエスト、プロポーザル、ビジネスケースの)優先順位付けを合理化、標準化します。これには予定内、予定外のプロジェクト要求を管理する機能、アイデア、デマンド、プロジェクトパイプラインの更新を継続的に管理する機能も含まれます。

頑健なアイデアとデマンドの管理プロセスjの利点

頑健なスコア機能により、戦略目標に一致したリソースを使い、容認できるリスクの枠内で希望する結果を達成できる確率が上がります。

Sciformaのアイデアとデマンド管理の特徴

Sciformaのシステムは、どんなプロセス成熟度のレベルや業界、企業の文化にも対応できる柔軟性を備えています。

Sciformaの顧客

logo
logo
logo
logo
logo
logo
logo
logo
logo
logo

アイデアとデマンド管理の主な利点と機能

Sciformaでアイデアを収集し、最も有望なアイデアを選択

  • 一元化されたプラットフォーム
  • 協調プロセス
  • 動的処理能力
  • 柔軟性
一元化されたプラットフォーム

アイデアの取り込み、ワークフロー、承認プロセス、(プロジェクトアイデア、リクエスト、プロポーザル、ビジネスケースの)優先順位付けを合理化、標準化します。

  • – プロジェクトアイデアの収集と追跡を強化するため、アイデアの提出を唯一のWebポータルに一元化
  • – ビジネスケースの要点と基本情報の理解と概要の把握を可能にするスナップショットの自動あるいは手動での取得
  • – ポートフォリオマネージャによるビジネスケースのレビューに役立つパイプラインダッシュボード
  • – アイデア、ビジネスケース、プロジェクト間の多対多コネクションをサポートし、プロジェクトのライフサイクルに渡る全体像と相互依存、制約、関係者間のコミュニケーションを簡単に管理
協調プロセス

効果的なプロジェクトの優先順位付けと意思決定のための協調プロセス

  • – 当初のアイデア、ビジネスケースから実行プロジェクトまでの意思決定と承認をカバーする自動化されたワークフロー主導の協調プロセス
  • – 多対多コネクションをサポートし、相互依存、制約、関係者間のコミュニケーションを簡単に管理
  • – 重要なコメントと情報を追跡できる、意思決定者とプロジェクトマネージャ間の注記によるやり取り
動的処理能力

絶え間なく変化するパイプラインを管理する動的処理能力

  • – カスタマイズ可能なアイデア、リクエスト、ビジネスケースの処理ワークフロー
  • – ビジネスの優先順位の変更にしたがって説明フィールドとスコア基準を変更
  • – 予定内、予定外のプロジェクト要求の管理とアイデア、デマンド、プロジェクトパイプラインの更新の継続的な管理
  • – 実行プロジェクト要求の追加
  • – アイデア、ビジネスケース、プロジェクトに共通の共有された永続的な説明フィールドとスコア基準による継続的な評価ワークフロー
柔軟性

成熟度、事業分野、組織文化など様々なレベルに合わせてプロセスを調整できる柔軟性

  • – スコア基準、アイデアとビジネスケースの説明フィールドがあり、異なる情報ニーズとワークフローを持つ複数の種類のプロジェクトを管理するためのカスタマイズ可能なテンプレート
  • – アイデアやビジネスケースを量的、質的の両方の特性で管理

プロジェクト管理手法を自由に選択

Sciformaは、アジャイル、ウォーターフォール、フェーズ・ゲート、CCPMをサポートしています。

統合アジャイル

同一プロジェクトでアジャイルとウォーターフォールを混在できる統合アジャイルPPM、予算ポイント、ベースラインポイント、ストーリーポイントによるスプリント作成機能、タスクカードを使ったプロジェクトボード

クリティカルチェーン

クリティカルチェーンの識別、バッファの生成、リソース競合の解消、フィーバーチャート、複数プロジェクトの同期を含むCCPMサポート

フェーズ・ゲート

成果物とリスクのテンプレート、ゲート承認ミーティングとレビュー、ステータスレポートを含むフェーズ・ゲートをサポート

アイデアとデマンド管理でのSciformaの使用事例

ISOSL

より良い優先順位付けとプロジェクト選択の決定を促進

Bioaster

プロジェクトの評価と選択のためのPPMツール

Aubert Duval

プロジェクトデータ(デマンド、リソース要件、可用性)の一元管理

logo

“リソースの可視化のもう一つの目的は、プロジェクトの需要・取り込みプロセスやプロジェクト選定の改善です。ビジネスケースに発展させるのに十分な意味を持つデマンドは、PMOチームが作成した年2回の戦略的IT委員会の承認を得るために提出されます。この委員会は、リソースの可用性に対してトレードオフを行い、プロジェクトの優先順位をつけるために、予測値であれ実績値であれ、信頼できるデータを必要としていました。”

Christophe Lejeune
PMO

logo

“2013年にBioasterに入社したCarole Leroyは、プロジェクト・ポートフォリオ管理(PPM)ソリューションを特定するための仕様書を作成しました。PPMツールは、プロジェクトの評価・選定から始まり、複数のフェーズで使用されることになる予定でした。”

Carole Leroy
PMO

logo

“またAubert & Duval社は、進行中のプロジェクトや今後予定されているプロジェクトのリソースニーズや調整を予測するために、プロジェクトの需要を収集・集約するシステムを必要としていました。”

Arnaud Montels
PMO Manager - Aubert Duval

Sciforma のその他の PPM 機能

Sciforma は、利益ある成長を達成するというCレベルの中核的な目標に沿ったPMO目標/KPIに直接影響を与える、重要な問題点を解決するために設計されています。