プロジェクト・リソース&キャパシティ・マネジメント

ビジネスドライバー

市場への応答性の改善

間違いのないチームを作り、迅速にリソースを動員し、素早くリソース計画を調整することが、タイム・トゥ・マーケットの目標を達成し、長期の競争力を獲得するためのキーとなります。

small-img
業務の効率性の向上

業務効率は、基本的なリソースの利用状況と可用性(つまり誰が何をしているか)の視覚化から始まり、空きリソースを活用することで生産性を最大化するためには絶対に必要なものです。業務効率は、より綿密にリソース配置をコントロールすることで改善されます。

 
small-img
ビジネスインパクトの最大化

優れたタレントマネジメントとは、最優先のプロジェクトに適切なスキルを持った適切なリソースを割り当て、最適な稼働率で仕事ができていることです。これは、ビジネスバリューとインパクトを最大化する方法でもあります。

small-img
リソース経費の削減

デジタル化の促進と自動化は、費用構造を変化させます。コスト競争力を上げるには、一定レベルの投資に対するリソース経費を最小化するためにリソースの利用率を最大化することが必要です。

small-img
ソリューション概要

リソースをフルキャパシティで活用、すべてのプロジェクトに配置

リソースマネジメントとキャパシティプランニングの改善は、ほとんどの管理組織とPMOにとっての最優先事項です。多くの企業にとって、このプロセスが不適切だと、市場に対する応答性が悪くなるというリスクがあるためです。結果として売り上げ、利得、顧客満足度、マーケットシェアが下がります。

Sciformaのリソースマネジメントは、リソースプールのビジビリティを上げ、発生する作業要求と利用可能なリソース(時間、人、資金)の提供のバランスを取ることでリソース配置のコントロールを強化します。

プロジェクトを実際に管理するプロジェクトマネージャだけでなく、部門を横断して働いている、あるいはPMOと連携してプロジェクトスタッフの最適化を図るリソースマネージャの両方をサポートします。リソース要求が変化する進行中のプロジェクトのリソース管理を含む、プロジェクトのライフサイクル全体をサポートします。

Sciformaのキャパシティプランニングは、リソースを集約し、役割別に分類し、制限を設ける事ができ、またそれによって投資、プログラム、プロジェクト、作業項目のリストを制限することができます。

Sciformaのプロジェクト・リソース&キャパシティ・マネジメントを使って簡単にタスクを割り当て、利用可能なリソースをチェック
シンプルなリソース計画ワークフロー

Sciformaは、カスタマイズされた自動化ワークフローでリソース配置をシンプルにします。

  • プロジェクトマネージャのために、チーム結成とリソース要求のワークフローをカスタマイズ
  • リソースマネージャのために、PMのリソース要求の承認とPMからの要求なしのプロジェクトへのリソース配置のワークフローをカスタマイズ
  • スキル、職種、勤務地、部門、肩書、コストレートなどを使ったリソースの検索、絞り込み
リソースの能力と可用性にしたがってタスクに割り当て

Sciformaを使うと、簡単にタスクにリソースを割り当て、スケジュールを即時に更新できます。

  • リソースのハード割り当て(指名割り当て)とソフト割り当て(スキル、職種、部門などの属性割り当て)の両方をサポート
  • よく利用するリソース属性の組合せを定義した汎用リソース割り当てをサポート
  • 工数実績と残り工数を自動的に維持したまま、複数のタスクでリソースを別のリソース(部門を離れるチームメンバーなど)と入れ替える機能
  • 複数のプロジェクト間でリソースの割り当てと作業時間を均等あるいは不均等に割り当て、追跡する機能
  • 複数のプロジェクト間でのリソース割り当ての競合を見つけ、解決する機能
 
新規プロジェクトに配属する利用可能なリソースをチェックし、リソース不足を回避

Sciformaを使うことで、チームスケジュールのバランスを確認し、新規プロジェクトに対するキャパシティを判断することができます。

  • プロジェクトの計画段階と実行中のシナリオで、利用率の低いリソースやオーバーワークなリソースを識別できるリソース利用状況のヒートマップ
  • リソースを集約し、役割別に分類し、投資、プログラム、プロジェクト、作業項目のリストを制限する基準値を設けることができるキャパシティプランニング
  • 今後のリソースの不足箇所と過剰配置箇所が分かるキャパシティプランニングビューとレポート
  • 要求と配置、配置と割り当て間のギャップ分析レポートをサポート
 

ポートフォリオ単位でのリソースのニーズが見える化され、プロジェクトのニーズとリソースのプロジェクト配置のギャップも簡単に把握でき、それをレポートに反映できるようになりました。HRシステムとの連携により、リソース情報の記録が確実に同期され、オンボードとオフボードのリソースの調整が大幅に改善されました。

PPMの一元化で製品開発と製造を活性化
full-width

リソース・マネジメント・ソリューション概要

ロバスト
スケーラブル
簡単に実装
使いやすい

早期の投資回収(ROI) - SCIFORMAソフトウェア

パワフルなツールでデータを一元化